ホワイトニングをする際の薬剤に含まれている主な成分 | 自宅でラクラク歯を白くするホワイトニング実践講座


白い歯になりたいと思う人なら必見!
自宅で簡単に歯を白くする方法を
わかりやすく解説します!

ホワイトニングをする際の薬剤に含まれている主な成分

ホワイトニングの薬剤の成分というのは、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングによって違いがあります。オフィスホワイトニングの場合には、過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤が利用されています。そしてホームホワイトニングの場合には、過酸化尿素を主成分とするホワイトニング剤が利用されているのです。

オフィスホワイトニングで利用される過酸化水素に関しては、歯肉への刺激が強いです。刺激が強いと危険があると思われるかもしれませんが、ph値を口の中に近づけることで、危険を回避していますので問題ありません。ホワイトニング剤の安全性に関しては、様々な研究機関で立証されていますので安心して利用出来ます。

ホームホワイトニングのホワイトニング剤は過酸化尿素を主成分として作られています。過酸化尿素と過酸化水素は違うと考えられている方も居らっしゃるかもしれませんが、過酸化尿素は酸化反応の過程で過酸化水素に変化するのです。なので、基本的にはホワイトニング剤で利用されている薬剤というのは過酸化水素であると考えておいて良いでしょう。

過酸化尿素の特徴というのは、酸化の反応がゆっくりしているということが挙げられます。酸化がゆっくりとしているので、ホームホワイトニングを行う時には適している成分なのです。オフィスホワイトニングとは違い、ホームホワイトニングは長期的に歯を白くしていくことになります。時間を掛けて歯を白くするのには、過酸化水素よりも過酸化尿素の方が適しているのです。

ホワイトニングの基礎知識
ホワイトニングの実践
ホームホワイトニングの方法と手順
New!
自宅で出来るホームホワイトニング
その方法と手順について
わかりやすく解説しています。

ホワイトニンググッズにはどんなタイプのものがある
PicKup
ホワイトニングが出来る道具って?
ホワイトニンググッズの
いろいろなタイプについて解説

実際に自宅ホワイトニングをした人の感想
Point
自宅でホワイトニングをしたら、
本当に効果があるの?実際に
自宅ホワイトニングをした人の感想